AGAの遺伝子検査


AGA対策の情報ポータル【AGA対策NET】 > AGAの遺伝子検査
AGA対策.netからの申込み数ランキング
AGA治療の知識メニュー
評判の良いAGAクリニック
地域別のAGA対策メニュー
AGA対策.netコンテンツ
最新のAGAコラム一覧
AGA対策.netコンテンツ
プロペシア(英国製)
AGAクリニックでも処方される本家のプロペシアです。こちらは高品質のイングランド製です。
フィンペシア
インドの大手製薬会社が販売する、本家プロペシアと成分・効果が同様のAGA治療薬。格安です。

AGAの遺伝子検査について

AGA(男性型脱毛症)はこちらのページでご紹介している通り、男性ホルモンである「テストステロン(TS)」と酵素成分である「5α-リダクターゼ」が結びつくことにより発生するジヒドロテストロン(DHT)であることが分かっています。

つまり「テストステロン(TS)」と「5α-リダクターゼ」の分泌量により、AGAの発生率や具合は大きく異なってきます。そして、これらの成分の分泌量に最も関係しているのは「遺伝子」であるため、遺伝子検査を受けることで自分はAGAなのか?どれほど症状が悪化しそうか?という事を確実に知ることができるのです。

AGAと思っていたが実は違ったというケースも。

近年、AGAの遺伝子検査を実施するクリニックが増えてきた背景には、AGAは他の薄毛症状(ストレス性・疾病的要因などの薄毛症状)と見分けを付けるのが非常に難しいという理由がある為です。

更に、AGAと他の薄毛症状は改善するための治療法も全く異なっており、しっかりと検査を行って確実な治療を行っていなければ、経済的な負担が増えるばかりで効果的な治療ができないという事にも陥りかねません。

遺伝子(DNA)検査であるため、検査を行う時期には全く左右されず、加えて一生に1度の検査のみで結果は分かるので、AGAの治療を行う前には必ず「AGA遺伝子検査」を行う事を当サイトでは強く推奨しています。

*要チェック!* 無料カウンセリング実施中 : 銀クリAGA.com(銀座総合美容クリニック)

AGA遺伝子検査の具体的な内容は?

AGAの遺伝子検査と聞くととても大がかりな検査を予想してしまう方も多いかと思いますが、実は遺伝子検査自体は1分未満という短い時間で終了するのが普通です。

具体的な検査方法はクリニックによって異なりますが、一般的には「採血」「毛髪の採取」「粘膜の採取」のいずれかの方法で行われます。AGA進行の危険度(5α-リダクターゼ分泌量)からプロペシアを服用した場合の感受性(効果の現れ方)まで正確に測定することができるのです。

各AGAクリニックでは遺伝子検査は任意(有料)での実施となっておりますが、遺伝子検査を受けるか受けないかでAGA治療をより効果的にスムーズに進めることができるので、やはり受けておくに越したことは無いのです。

AGA遺伝子検査は自宅でも行う事ができます。

まだまだ大々的に普及こそしていませんが、今ではAGA遺伝子検査を自宅で行う事ができる検査キットも販売されています。

AGAクリニックで行われる遺伝子検査と同じようにAGA進行の危険性やプロペシア(フィナステリド)の感受性を検査することが可能。

クリニックでの遺伝子検査の費用が一般的に2万円程度とされているのに対し、AGA遺伝子検査キットは12600円と、医師による診断・診察料が掛らないために経済的な負担を格段に減らすことができるというわけです。クリニックに足を運ぶ前に本当に自分がAGAなのかチェックしておきたいという方におすすめ出来るキットです。

*要チェック!* 自宅のAGA遺伝子検査キット : 検査キット(12,600円)の販売ページへ